良い看護師になるための心得とは

看護学校に入ったばかりの学生は、将来良い看護師になるために、必死で知識を身に付けて勉強をしていることでしょう。確かに、看護師になるために知識を身に付けるのは大切です。しかし、それだけでは決して良い看護師になれるとは言えません。
看護師として患者さんや他の同僚に好かれて信頼してもらうためには、何よりも素直に仕事をするというのが大切となってきます。医療の現場は何よりも命に関わる職業のため、下手に言い訳をしてしまうことでさらに怒られてしまうケースもあります。怒られたり注意を受けてしまった時に、本当はこうしたかった・実は違うんですという風に言い訳をしたくなる場合もあるでしょう。たとえちょっと理不尽かもしれないと感じる時があったとしても、最初の内は素直に全てを受け入れて、先輩からの指摘をしっかりと聞くことです。厳しい先輩は確かに怖いかもしれませんが、それだけあなたに対して期待していると考えれば、頑張れる気がしませんか。また、怒られるのが怖いからといって誰に何も聞かず勝手に判断をして仕事をするというのは、絶対にやってはいけないことです。分からないことは素直に聞いて先輩の指示を仰ぐというのは、とても大切といえます。
自分の判断一つで患者さんの命を左右するという事実を考えて、責任のある行動をするように心がけることです。実際に現場に出れば、看護学校で習ったこと以上のものを学べるの職場となっています。良い看護師になるためにも、一生懸命素直に働くようにしましょう。良い看護師を目指すなら〔http://yoikangoshi.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です