無理をせず臨機応変に

看護師として働いていると、職場に目標とできる看護師を見つけることができるでしょう。しかし、そのような看護師の仕事ぶりをそのまま真似たとしても、上手くいくとは限りません。良い看護師として振舞おうとしても、どこかに無理が生じてしまいます。我慢を続けていると、心身に異常をきたしかねません。
良い看護師であるために大切なのは、自然体であるということです。無理をしていると、いつか必ずどこかに問題が起きます。そうなってしまうのであれば、最初から無理をせず臨機応変に対処する方法を選択肢しましょう。状況に合わせて対応できれば、無理を感じることなく看護師の仕事が続けられます。ただし、そのような自然体で看護の仕事ができるまでには、仕事の経験が必要です。多くの看護の経験があるからこそ、臨機応変に対応できる能力が見につきます。将来良い看護師になるためには、看護師の経験をより多く積み重ねるのが手掛かりです。積極的に多様な経験を積み重ねていけば、多少のことには動じないような対応力が身につきます。そのような看護師になってこそ、周りから実力ある看護師としての評価が得られるのです。こうした看護師になるまでの道のりは長いものの、その道中も楽しみながら看護師の仕事が続けられます。
仕事では、時にイライラさせられることもあるでしょう。そのような時こそ自然体であるべきことを思い出し、これも将来のための経験と捉えたならば、有意義なものとして受け入れられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です